平成25年5月21日(火)

定番のカフェーに行くと、カワイイ女子高生が、二人でガールズトークの真っ最中でした。
この二人とも凄く可愛いので、筆舌しがたいです。
しかも、一人の女子高生は、ポニーテールで、もう一人は、そのまま髪を下ろしていたのですが、途中で鏡を取り出して(これが女子らしい)、ポニーテールにするところを披露してくれました。
なかなか手慣れているので、見事、と思います。
これで二人とも黒髪のポニーテール女子高生の出来上がりです。
最近割と女子高生のポニーテール率が上がっているような印象ですが、季節柄?かもしれません。
しかしどちらも綺麗な髪で色つや良いですね。黒髪の色つやは茶髪にはなかなか難しいと思います。

二人とも同じ学校ですが、見た事があるスカートで、多分記録に残したことが有ると思います。
ただ、ネクタイは初めて?かもしれません。紺地にオレンジ、シルバーのストライプ。
一人の女子高生は水色の毛編みベスト、もう一人は白ブラウスのみ。白ブラウスだけだと、下着のインナーが透けるのですが。結構真面目な感じですが、インナーというかキャミソールなのかよく分かりませんが、ストライプの目立つ感じのインナーがわかっちゃうと言う感じです。

座っているので、二人のスカートの膝上設定は10cm以内かもしれないです。
普通座るともっと大腿が見えちゃうのですが、それ程見えないので、バックも新しいですし1年生かも?と思いました。

腕まくりしている長袖の腕はそれ程細くは無いですね。
スカートから見える大腿も少し太め。凄く色っぽい。
綺麗に無駄毛も処理してあって、顔から腕や生足、二人とも綺麗な肌で、生足なんかは、もちもち肌で触りたいくらいの美白つるつる肌。でも自重。

不思議なのは、割と健康的な生足の太さですが、少し胸が小さめ。特にブラウスのみの女子高生。
このブラウスのみの女子高生は胸が全く無いという感じでは無いですが、今Bカップ有るかと言う感じです。
もう一人のポニーテールを仕上げるところを見せてくれた女子高生は、可哀想ですがベスト越しに胸の厚み無し。うーん。この子は多分胸の大きさでコンプレックスを持ちそうな。でも、さっきまで隣に居た20代の女子は、明らかにこの子達より細身でしたが、胸の谷間を強調する感じでした。
やはり20代くらいまで胸は個人差があって成長するのかもしれませんね。

それよりも薄手の白ブラウスで、今も両手でポニーテールを万歳するような形で直してましたが、こういうのが女子には脇の無駄毛が透けて見えてしまうのを知らないかも、と思います。
まぁ季節柄、そろそろ綺麗に毎日カミソリで剃る頃かと思いますので、この万歳でポニーテールを直していた女子は、下着は透けても、脇毛は透けなくて、少し安堵という感じです。

しかし、綺麗にポニーテールにして、二人のポニーテール女子高生で、カフェを出て行きましたが、両方甲乙つけがたい可愛さですね。
立ち上がると、やはり膝上10cmと二人とも同じくらい、座っているときよりも少し足が細い印象でした。座ると大腿が太く見えてしまうのですね。
綺麗な生足のために、ブラウスで透けないために?半袖だと完璧に角度で見えてしまうので、女子高生にとってはこれからしばらくカミソリで無駄毛処理の時期なのかと思います。
女子高生にはさすがに脱毛難しいですからね。


ページトップへ
Copyright (C) ao-min.com All Rights Reserved.
通貨ペア比較